安曇野市版レッドデータブック2014

環境基本計画 表紙イメージ

安曇野市は、西部に北アルプス連峰がそびえ立ち、麓にはその山々に水源を発する中房川、烏川、高瀬川等が流れ、豊富な地下水が湧き出す風致の優れた複合扇状地にあります。

これらの変化に富んだ自然環境には、多様な野生生物が生息・生育しており、市では、この貴重な自然環境を次の世代に引き継いでいくために、人と自然の共存、共生を目指して様々な取り組みを進めています。

その一環として、市における野生生物や自然環境の現状や課題を明らかにするため、現地調査や資料整理をおこない、「安曇野市版レッドデータブック」としてまとめました。

本書が希少な生物やその生息・生育環境の保護対策や、自然環境を大切にしたまちづくりを進めていく上での基礎資料として、また市民の皆さまに自然環境について理解を深めていただくための手引書として、多くの皆さまに活用されることを期待しています。

頒布について

「安曇野市版レッドデータブック2014」は有料(1冊1,000円)にて冊子の頒布をしております。購入を希望される方は、市民生活部環境課までご連絡ください。

安曇野市版レッドデータブック2014

表紙

目次

1 はじめに

2 安曇野市版レッドデータブックについて

3 安曇野の自然環境

4 安曇野市の絶滅のおそれのある野生生物(レッドリスト種)

5 安曇野の重要な自然環境

6 注意すべき生物

7 自然豊かな安曇野市を次世代に引き継ぐために

8 おわりに

英文要約

資料編

奥付

裏表紙

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。 お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

このページの上へ